東風会スタッフの日常

岡山倉敷に6つの歯科医院を展開する医療法人社団東風会

東風会スタッフの日常

ごほうびのがちゃがちゃをはじめました/ひまわり歯科クリニック/

みなさん、こんにちわ(^^♪

西阿知のひまわり歯科クリニック受付の岡崎です!

 

この度、ごほうびのがちゃがちゃをはじめました。

がちゃがちゃができるのは

ひまわり歯科に定期的にフッ素を塗りに来てくれているおともだちです。

残念だけど..虫歯で治療が続くおともだちは治療が全部終わってからしょうね☆

 

歯科で塗布する高濃度のフッ素の効果は3ヶ月と言われています。

家庭での丁寧な仕上げ磨き!歯科での定期的な検診で

大切なお子様の歯を守りましょう!!

 

f:id:tofukai:20180221132119j:plain

 

 

インフルエンザ予防にはマウスケア/グレイスデンタル2018/02/17

節分も過ぎたとはいえ、まだ寒い日が続きインフルエンザの流行も終息しそうにありません。

インフルエンザ予防として、手洗いやうがいなどで対策されていると思います。手洗いやうがいはもちろん大事ですが、インフルエンザ予防対策に歯みがきが効果的なことをご存知でしょうか?

口の中には約30億〜6000億もの細菌が存在するとも言われますが、これらの細菌はプロテアーゼという酵素を出す特性があり…
このプロテアーゼがインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする働きをします。

介護施設などで歯磨き指導を徹底したところ、インフルエンザ罹患率が低下したという報告もあります。

歯磨きはインフルエンザ予防に一定の効果が…

また、歯磨きだけではなく、舌のケア等々…より効果的なマウスケアをおすすめします。

     グレイスデンタクリニック 歯科衛生士

朝日医療大学校の生徒さんが実習でいらっしゃってます(^o^)丿/ひまわり歯科クリニック/2018.2.14

みなさんこんにちわ(^^♪ ひまわり歯科渡邉です。

来院者の皆様におしらせです。

今週から1週間、朝日医療大学校の1年生の方が実習にいらっしゃってます(^O^)/

 

では、実習生の西田さんからごあいさつです。

 

はじめまして。こんにちわ。

朝日医療大学校から来ました、実習生の1年生の西田です。

ひまわり歯科医院では、スタッフの皆さんが優しく、

技術面でもまだ1年生ですが、多くの体験をさせて頂き、

学びの多い実習になりそうです。

1週間という短い間ですが、宜しくお願いします。

 

こちらこそ、宜しくお願いいたします。

短い時間ですが、いいところをたくさん吸収して、今後の実習に生かせて下さい(^O^)/

f:id:tofukai:20180214142844j:plain

St. Valentine's Day 守屋歯科医院  2018/2/14

本日はバレンタインデー、来院された方にキシリトールチョコやラムネをプレゼントしました。甘いものが苦手な方には歯ブラシを。実用的なプレゼントですが、皆様にお喜び頂けると幸いです。

f:id:tofukai:20180214140946j:plain

義歯用のブラシの販売を始めました!/スマイル歯科クリニック/2018/02/13

倉敷市堀南にあるスマイル歯科のYです。
今年の冬の寒さは、特別ですね❄
春の訪れが待ち遠しいです^ ^
 
スマイル歯科では、義歯用のブラシの
販売を始める事になりました。
従来は医院内だけで使用していたのですが、患者様からの要望があり、
受付で購入出来るようになります。
見えやすい色に決めました。
ご希望の方は、スタッフに伝えて下さいね。
 

f:id:tofukai:20180213134401p:plain

歯の土台によって歯の寿命が変わる話/グレイスデンタルクリニック 2018/02/10

皆さんこんにちは、グレイスデンタルクリニックの町田です。

世間はオリンピックに沸いておりますが…

今回は、歯の土台によって歯の寿命が変わるのか、という話をしてみます。

結論から言えば、変わります。

関係するのは以下の3点です。

その1、歯の土台の種類。

その2、歯の土台を作るときの歯の削り方。

その3、芯棒(土台の一部)の長さ。

 

要するに、後々割れる(割れ方によっては、抜歯になる)リスクが変わってくるのです。

ただ、先に申しますと、どんな方法であっても、上手な先生がやれば、歯は長持ちすると思います。

 

さて、好きな言葉がありまして、誰が言ったかは覚えてないのですが、

「神業的な技量を要求する術式は、そもそも医療技術として問題がある」

素晴らしい言葉だと思います。要するに、簡単で、予後の良い方法が、医者にとっても、患者にとっても一番であるという意味だと思います。

技術職は、「器用になること」よりも、「簡単にできる方法を探求すること」に力をかけた方が良い気もします。

 

さて、結論から申しますと、歯を長持ちさせるおススメの土台は、

A「歯がある程度残っている場合」

→プラスチックの土台・芯棒なし

B「歯があまり残っていない場合」

→プラスチックの土台・ファイバー繊維による短めの芯棒付き

C「歯がほとんど根だけの場合」

→プラスチックの土台・ファイバー繊維による短め~中程度の芯棒付き

D「Cで、土台が短期間で外れてくる場合や、根が短い場合」

→プラスチックの土台・ファイバー繊維による長めの芯棒付き

だと思っています。いずれも、最近保険適用になりました。

 

土台は、他に金属を用いる方法もあるのですが、

少し油断すると、歯を割るリスクが跳ね上がる気がします。

また、芯棒も、金属を用いる方法がありますが、

少し油断すると、やはり歯を割るリスクが跳ね上がる気がします。

 

つまり…「金属の土台や芯棒は、上手に使えば問題ない」のですが、

「高い技量がないと、歯の寿命を大きく下げてしまう」

と思っています。

 

せっかく新しい良い材料が保険適用されたので、あまり技量に左右されず、歯が長持ちする方法として、プラスチックの土台と、ファイバー繊維による芯棒をお勧めしたいところです。

 

あくまで、個人の見解なので、「金属でも全然問題ない」「金属の方が歯が強くなる」などの意見もあるかと思います。

 

今後、臨床データが増えてくれば、だんだんと答えが見えてくると思います。患者さんと一緒に、歯の寿命を考えていきますので、これからもよろしくお願いします!

 

勉強会/守屋歯科医院 2018.2.9

先週末、東風会合同の勉強会がありました。

メンテナンスのセミナーに参加したスタッフからの発表。

Drの症例発表。

 

予防についての講習。

などなど。

どれも、とても為になる勉強会となりました。

この勉強会で学んだことを、診療でいかしたいと思います。

f:id:tofukai:20180207184255j:plain



医療法人社団東風会